KNOWLEDGE

パフォーマンストレーニングの理論と実践

Vol.9 四十肩・五十肩の解消に必要なこと
- リセット -

四十肩・五十肩の解消に必要なこと

慢性的な四十肩・五十肩を抱えている人は、下記の機能に問題を抱えている可能性があります。

①肩甲骨のモビリティとスタビリティ
②胸椎のモビリティ
③下部頸椎のスタビリティ
④肩甲上腕関節のモビリティ
これらの詳細は、Vol.2をご参照ください。

四十肩・五十肩の原因が、肩そのものにはないことはとても多くあります。
なぜならば、肩甲骨のモビリティが機能不全になると、
肩に負担がかかるので四十肩・五十肩になりやすくなるのです。
今回は四十肩・五十肩を解消するために、肩甲骨の適切なモビリティを取り戻す
Reset(リセットエクササイズ)を行いましょう。
(改善の手順に関しては、Vol.3をご参照ください。)

【エクササイズ名】
TPT Teres Major / LCB
トリガーポイントセラピー大円筋/ラクロスボール
【目的】
四十肩・五十肩の解消
肩甲上腕関節のモビリティの改善
肩甲骨のモビリティの改善

【スタートポジション】
ラクロスボールを持って横向きになる。

【手順】

①横向きに寝て、脇のくぼみのやや後ろにボールを当てる。
②大きく動かし、痛い箇所をスキャンする。
③痛いところを見つけたら、30秒〜90秒ホールドする。
④反対側も同様に行う。