KNOWLEDGE

パフォーマンストレーニングの理論と実践

Vol.3 スポーツパフォーマンスを向上するために大切なこと ー トレーニングの順序 ー

Vol.3 スポーツパフォーマンスを向上するために大切なこと ー トレーニングの順序 ー

スポーツパフォーマンスを向上するためのトレーニングには、7つの手順があります。

① Corrective Exercise  コレクティブエクササイズ
② Movement Preparation  ムーブメントプレパレーション
③ Plyometrics  プライオメトリクス
④ Movement Skills  ムーブメントスキル
⑤ Medicine Ball  メディシンボール
⑥ Strength/Power  ストレングス/パワー
⑦ Energy System Development (ESD)  エネルギーシステムディベロップメント

という手順です。

「①コレクティブエクササイズ」は、筋膜リリースをしたり、呼吸をリセットしたり、可動性や安定性などを整えます。
体幹のスイッチをオンにして、可動域を機能的に使える状態にしてから、準備体操に入っていきます。

「②ムーブメントプレパレーション」は、準備運動を行います。
儀式的な準備運動ではなく、ストレッチ・アクティベーション・インテグレーションなどを実践的に行います。

「③プライオメトリクス」は、爆発力と減速動作のコントロールを高めます。
ケガの予防と爆発力向上のために、多方向への力の発揮とコントロールの仕方を身につけます。

「④ムーブメントスキル」は、加速や減速、方向転換のスキルを高めます。
速く走るための加速トレーニング、素速く切り返すための減速トレーニングや方向転換トレーニングを行います。

「⑤メディシンボール」は、体の連動性や爆発力を高めます。
ケガの予防と爆発力向上のために、動きとパワーを融合させるトレーニングを行います。

「⑥ストレングス/パワー」は、パワーや筋力を高めます。
全身・下半身・上半身・回旋など、必要な動作パターンを強化していきます。

「⑦エネルギーシステムディベロップメント」は、スタミナを強化します。
高強度・中強度・低強度に分類して、様々な種類のスタミナを強化していきます。

これらの手順に則って、次章からは具体的なエクササイズをご紹介していきます。