BLOG

ブログ

撮影の裏側

こんにちは!
いつか本国で開催されるPerform Better サミットに参加したいトレーナーの内野です。

先月のことですが、
私たちも日頃から大変お世話になっているPerform Better Japan様よりご依頼をいただき、
金メダリストであり、Perform Better Japan取締役の北島康介さんのトレーニング風景の撮影を行いました。

Perform Better Japan様についてはコチラ

ラボへトレーニングに通ってくださっている皆様は、必ず毎回のセッションでPeroform Better製品に触れているはずです!

撮影当日は、それくらい多種多様で便利なトレーニングツール類を用いて、
桂トレーナーが、北島康介さんのパフォーマンスを引き出すべくセッションを担当しました。

カメラは4台、マイクをつけての本格的な撮影の現場に、当日アシスタントを務めた私の緊張感が高まりました。笑

現場の張りつめた空気の中、真剣に撮影をしながらも、
緊張した場を和ませてくださる康介さんの気遣いに、僕が救われていました。笑

そんな撮影の裏側を少し公開。

事前の打ち合わせの様子。
撮影のアングルを入念に打ち合わせします。

モーターコントロール
様々なツールを用いて、
全ての関節を、全ての可動域で、全てのスピードで使えるようにしていきます。
例えるならば、車の運転を上手にするための練習です。

プライオメトリクス
ハードルを飛び、動的な安定性向上や爆発的パワーの向上を狙います。
ハイドロベスト(水の入ったバッグ)を背負いながら運動することで、その水の細かな揺れが最高に良い刺激になります。

メディシンボールを用いての爆発的パワーのを向上を狙います。
全身をつなげて、負荷をかける時に便利なツールの一つです。
球技はもちろん、球技をされない方にも力の生み出し方を身につける上で、オススメです!
写真のように、バンジーで引っ張る事で力の出す方向を感じやすくする事も可能です。

その他にも沢山ツールを用いてのストレングストレーニング。
筋力を高め、かつ効率の良い力の発揮の仕方を身につけていきます。こちらのトレーニングの様子は、もうすぐ公開される予定です。
ぜひ、楽しみにお待ちくださいませ。

本日は撮影の様子とトレーニングツールのメリット簡単な使い方について書かせていただきました。

皆様の運動の目的や目標を達成のためにも、私たちは体の評価の結果に基づきプログラムを作成しています。
そして、必要に応じて便利なツールを用いながら、最適なトレーニングをご提供します。

周りの方が使っているトレーニングツールが気になる、動画を見て気になった等々、
トレーニングのツールの使い方にご興味のある方もぜひ、お気軽にスタッフまでお声がけください!